プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「野中の大根。」

今日は、昨夜からの雪が降り続き、とても寒かったのですが、朝から2人で、畑の大根を収穫しました。
氷と同じ様な冷たさの、瑞々しい大根達を抜いていると、当然の事ながら指や足の感覚などなくなってきてしまいました。
収穫には楽しさもつきものですが、収穫したお野菜、特に根ものに関しては水洗いという辛い作業も付いてきます。
しもやけになった手で、今日の大根達を綺麗に洗ってくれたRさんからは、野菜に対する愛情をひしひしと感じました。本当にいつも有難う。


本日の収穫♪野中の大根1

大小色々並んだ大根達。
私達の住んでいる野中の大根は、成長期から収穫まで、日中と夜間の気温差が激しく、収穫時期となる冬季の積雪によって、信じられない位甘くなり、食味が良好です。
私達がこの地に引っ越して来た年の冬に、大好きなおじいちゃんが初めて野中の大根を我が家に持ってきてくれ、通常産直所やスーパーで販売されている大根との味や食味の違いに驚きました。そして、自分達も絶対、この野中で大根を育てたいと思いました。

今年、ようやく大根や蕪を育てる事ができ、自分達で育てた野中の大根を食べる事ができ、再びその美味しさに納得できた事が幸せです。


本日の収穫♪野中の大根2

本日の収穫♪野中の大根3

こんなにも寒い冬の間にも、害虫被害というものはあります。
食べっぷりは見事という他ありません。ネキリムシとヨトウムシの仕業です。
ネキリムシはヤガ、ヨトウムシはヨトウガの幼虫の事をいい、とてつもない食欲と食性の幅広さを持ちます。ハーブに至っても、ラベンダーとローズマリー以外は美味しいお食事となってしまいます。
無農薬散布、無化学肥料散布では、どうしても避ける事が困難な食害ですが、中には全く無傷の大根もあるのです。
ネキリムシやヨトウムシは、農薬に大変強力な耐性を持っており、慣行栽培(普通の農家さんが営む、JAが指導するような栽培)では、強力な有機リン系農薬のダイアジノンやオルトランの様な浸透移行性農薬(植物が吸い上げ、体内に溜めて、それを食べた害虫に威力を発揮する農薬)を駆除に使用するのですが、それも弱令幼虫にしか効果がなかなか発揮されない位の耐薬品性を持っています。
この様な農薬が効かない虫達にも食害されない大根は、自分自身の分泌する何らかの忌避物質により、自分自身を守っているという事になるのでしょう。植物は強いのです。
この様な、無農薬、無化学肥料で育てたお野菜の余剰分を、近い将来?少しだけ販売しようかとも考えておりますので、ぜひ食べて頂ければ嬉しいです。
もっと、お野菜の事を本当に思ってくれる方が増える事を祈って、この様な事も考えた次第です。
虫に食べられようが、形が曲がろうが、何の問題でもない。
はみ出し者くらいが、ちょうど良い。野菜本来の個性の味がするのではないでしょうか?
私達自身も、疑う余地なくはみ出し者です。        D


本日の収穫♪野中の大根4
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marcheduaduki.blog134.fc2.com/tb.php/9-2118ae30

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。