プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラベンダーの剪定。」

こんにちは。

3月下旬は、ラベンダーの剪定適期となります。


剪定前スイートラベンダー。

畑作業が多く、冬に防寒出来ずに雪の為、枯れ込んだスイートラベンダーです。
冬の間に剪定すると、その箇所から枯れ込んでしまいますので、今まで放置していました。しかし、放置する事にも意味はあり、この枯れた枝葉が、ダメージを受けた株を霜や冷たい風から守ってくれます。
ラベンダーは、寒さに強いイメージを持たれている方が多いと思いますが、本当に耐寒性が強いのは一部。
多くの種類のラベンダーは、霜が降りる様な寒さに当ると、大きなダメージを受け、酷い場合には、株自体が枯死してしまいます。

さすがに随分暖かくなってきましたので、早速剪定しました。


剪定後スイートラベンダー1。

すっかり、すっきりとしました。
同じ株とは思えない位です。
通常の剪定は、健全な株ではおおよそ樹高の半分の高さを目安に、全体的に丸くなるようにすると、枝葉が茂り、開花した際の形がまとまり易くなります。この株の様に枯れ込んでいる場合は、状態のよい新芽がある位置の上で剪定します。


剪定後スイートラベンダー2。

私達の住んでいるところは、和歌山県とは思えないほど冬は厳しい寒さに見舞われるので、比較的寒さに弱いスイートラベンダーはダメージを受けますが、自身の枯れた枝葉に守られ、新芽をここまで育て上げて、春が来るのを待っていました。

真性ラベンダー(コモンラベンダー)もすっきりしました。


コモンラベンダーもすっきり。

昨年は色々な庭の植物に迷惑を掛けてしまった事に、改めて反省させられる日々です。
本当に申し訳なかったと思います。
今年は、しっかりと管理していきたいです。
私達の勝手で、自分で動く事が出来ない植物達は、その場所にとどまる事しか出来ないのだから、それ位はそこに植えた私達が行って当然の事なのですから。        D
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marcheduaduki.blog134.fc2.com/tb.php/89-a0e1cc5c

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。