プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小月は「自然栽培」。

こんにちは、お久しぶりです。
畑の作業が多くあり、中々更新できませんでした。

先日、サニーレタスを収穫しました。


自然栽培サニーレタス。

赤みが少ないのは、直射日光が当らない場所で育てている為。
緑色が薄いのは、自然栽培の証。

そうです。小月のお野菜達は、昨年の暮れに作付けした分から、完全に無農薬、無肥料の「自然栽培」になりました。
堆肥も、そこに生えていた雑草を長期間、自然完熟発酵させたものしか使わない方針です。
その自然栽培の第一号が、このサニーレタス。
随分元気に育ってくれました。

私達は、コンパニオンプランツというしくみをよく使うのですが、このレタスの場合は、


セルフィーユと混植1。

チャービルとのコンパニオンプランツです。
この組み合わせは、資料などで調べたわけではなく、独自で発見したものです。
おそらく、お互いに必要な栄養を補い合い、土壌微生物層が豊かになっているのでしょう。地上部分は、とても良く茂り、蒸れてしまいそうな環境ですが、お互いに全く邪魔をせず、害虫もほとんど見られません。
このコンパニオンプランツは、サニーレタスだけではなく、


セルフィーユと混植2。

結球レタスでも試していますが、とても良い状態です。

今年からは、ハーブやバラ、そして庭の植物達も全て、自然栽培になりました。
ハーブ、その他特定の植物に関しては、例外的に有機石灰(牡蠣の貝殻)や薫炭(籾殻や広葉樹を炭にしたもの)を必要な際は、施す事にしています。

理由は、元々生えている環境(気候や土壌)が、日本とはあまりにも違うというものです。
石灰質の土壌を好む、セージやローズマリー、ラベンダーやタイムなどが、そもそも日本の土で栽培されている事自体が「不自然」で、現地の環境を、自分が可能な限り再現した状態で栽培する事の方が、その植物にとって、いくらかは「自然」では?という考えのもと、試行錯誤して栽培しています。

はじめはきっと、肥料を施していた時よりも収量は減ってしまうと思いますが、本当に安心、安全な作物を栽培し、真の意味で、本当に体が美味しいと思える作物を育てる機会に出会えたという事に、感謝しています。

自然栽培に切り替えて、前よりもっと、百姓仕事が好きになりました。        D
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marcheduaduki.blog134.fc2.com/tb.php/88-861750b5

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。