プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「土付きお野菜。」

こんにちは。
今日は、お野菜のお話です。

はじめは「土付き」の状態で販売していたのですが、「こどういち」の担当の方に、「洗って出荷して下さい」と指摘を受け、それ以降は、綺麗に洗って出荷しています。

私達も、Aコープ内という、他の食品を扱っている施設に出荷しているにもかかわらず、「土付き」の状態で出荷していた事に反省している次第です。

しかし、お野菜の事を考えると、土付きのものと洗っているものとでは、その後の状態の変化に大きく作用し、土付きの状態のお野菜の方が格段に(5倍ほどは)、寿命が長くなります。
これは、慣行栽培のお野菜に言えるかどうかは不明ですが、無農薬で、動物性肥料や堆肥を使わず、それ以外の肥料もほとんど施していないか、無肥料で栽培したお野菜に限っては、間違いないと思います。


土付きお野菜の比較1

写真は、収穫後2週間程度経過した聖護院大根(丸大根)です。
「こどういち」に出荷し(3日ほど陳列)、売れなかったものを引いて、自宅保管していたものです。
右側が「土付き」のもの、左側が「洗っている」ものです。この写真を見ているだけでも、葉の状態に大きく差があります。


土付きお野菜の比較3

洗っているものは、根はしっかりと締まったままですが、葉はしおれ、黄色くなり始めている部分もあります。

土付きお野菜の比較2

それに対して、土付きのものは、葉傷みもなく、シャンとしています。

この違いはおそらく、土付きのものは、土壌の有益な微生物達が、お野菜の表面をコーティングしていて、害気の影響からお野菜を守っているのではないかと思われます。

最近、レストランの方にお野菜を扱っていただける事になり、1度発送させて頂いた際は、ちょうど「こどういち」の一件の直後という事もあり、綺麗に洗ったお野菜達を送らせて頂いたのですが、次回からは、詳細をお伝えした後、可能であれば「土付き」での発送に戻していきたいと思っている次第です。
より良いお野菜を届けようとした結果、悪い結果を招くというほど、哀しい事はありませんから。

おまけ。


今年も家族が増えた、エルウェッシー。

我が家の庭でも、スノードロップ「エルウェッシー」が見頃になりました。
玄関先でもあり、まるで呼び鈴の様で、かわいらしいです。
クロッカスもちらほら、蕾が上がってきています。
植物の記憶は、正確でいて、自然という不思議な感じです。        D
スポンサーサイト

コメント

お久しぶり。
お元気ですか?
この冬はしっかりと寒いね。 でも、お野菜の味は濃くなるね。

わたし達もね、お野菜を配達して暮らしていた頃(兵庫県にいた時)は、
「土がついたまんまの方が、絶対においしさの持ちが違います!」と言い続けてました。
それを理解してくれる人もいたし、
でも「都会の台所に土を持ち込みたくない」という人もいたし・・・・。
自分達の大切な想いがあっても、「売る」ということになるとそれが通らない場合もあるんだよね。
レストランの方たちに、D&Rの想いが伝わることを祈ってます。

久しぶりに、二人に会いたいよ。
では♪

2013-02-15 17:47 | lovemomus #- | URL [ 編集 ]

Re: lovemomusさん

> お久しぶり。
> お元気ですか?
> この冬はしっかりと寒いね。 でも、お野菜の味は濃くなるね。
>
> わたし達もね、お野菜を配達して暮らしていた頃(兵庫県にいた時)は、
> 「土がついたまんまの方が、絶対においしさの持ちが違います!」と言い続けてました。
> それを理解してくれる人もいたし、
> でも「都会の台所に土を持ち込みたくない」という人もいたし・・・・。
> 自分達の大切な想いがあっても、「売る」ということになるとそれが通らない場合もあるんだよね。
> レストランの方たちに、D&Rの想いが伝わることを祈ってます。
>
> 久しぶりに、二人に会いたいよ。
> では♪
本当に、お久しぶりです。

大ちゃんに最後に会ってからも、随分経ってるものなぁ。
相変わらず、とてつもなく寒い冬ですが、一昨年から昨年にかけてよりは、随分ましです。
お野菜はおっしゃる通り、本当に美味しくなりますね。
大根や蕪なんかだと、薄切りのものを生で食べると、すこし甘さを抑えたフルーツの様な感じです。

農家だった頃の大ちゃんとlmさんは、本当に頑張っていたんだなぁと、いつも思います。
今でも厳しい私達のような栽培方法のお野菜の販売ですが、大ちゃん達の頃は、今とは比べ物にならない位辛かったと、容易に想像できます。

最近、色々な事が私達の周りでも起こり、今まで以上に、自分達の様な農家のあり方の大切さを実感していて、それが少しずつでも、他の方にも伝える事が出来ればと、日々2人で頑張っています。

正直、生活は本当に苦しいですねw。動物被害もあるし、農資材の先行投資もあるから、たいていの人ならもう、投げ出したくなる位だと思います。
でも自分達には、これしかないから、どんな状況になっても、何とか続けられるようにしていくつもりです。
今まで、どれだけ沢山の人達が、苦しい状況の為に、この道を諦めてきたのか...私達の知る限りでも、結構ありました。
次に繋げる為にも、農業を辞めてしまう訳にはいかないし、こんな所で止まってしまうと、伝えたいものは、なにも伝えられない。

まぁ、単純に好きな事なので、工夫して頑張って生きます。

レストランの方は、私達の方向性も知っていて、より良いものを必要としていると思うので、多分、大丈夫だと思います。

また、大ちゃんやlmさんに会える日を、楽しみにしています。

それでは、また。
2013-02-21 00:34 | ソルシェりす #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marcheduaduki.blog134.fc2.com/tb.php/83-9e9a4a18

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。