プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小月の大根。」

こんにちは。
今日は、小月の販売している大根のお話です。
12月頃の写真がありましたので、紹介致します。


ほぼ自然栽培の大根1

動物質由来の肥料や堆肥を一切使用せずに、植物質肥料もごく少量、自家製のぼかし肥を主体に施しています。
今年からは、それらも微生物のご飯程度にしか、使用しない予定です。雑草との関係を、今まで以上に大切にしていきたいと考えています。

この大根の周りには、レンゲを始め、スズメノカタビラ、イヌタデ、タネツケバナ、スズメノテッポウなど沢山の種類の雑草が共存しています。中にはスズメノハコベの様な、和歌山県では絶滅危惧種に指定されている雑草などもあります。
数年前までは、別の方が慣行栽培(通常の栽培方法)で水稲を育てていましたが、その後、耕作放棄地になった期間があり、その後、私達が無農薬、無化学肥料で栽培を続けた結果、驚くべきスピードで生態系が戻りました。
そうした中で、スズメノハコベの様な植物の休眠種子が発芽する条件を満たしたのでしょう。こういった水田植物は、自分達が育つ環境の条件が揃わないと、種子が発芽しないという事を以前、ある方に教えて頂きました。
様々な動植物が、再び私達の畑で生活してくれるという事は、とても嬉しく思います。


ほぼ自然栽培の大根2

畝と畝との間には、近くの山道などで拾い集めた落ち葉を敷き、微生物の活性化を促しています。

この「小月の大根」の味は、日中と夜間の幅広い温度差により、生の状態でも、瑞々しく、甘み豊かで、とても美味しいものです。
収穫後、すこしそのまま放置する事により、その甘みは更に増します。切干大根にして頂くと、また更に甘みが増します。

今日も、売れるか全然検討はつきませんが、道の駅に持っていく為、準備をしました。


販売お野菜の完成。

が、せっかく準備をしたにもかかわらず、持っていく事が出来ませんでした。
早朝から雪が降っていたのですが、ほんの少しの間で、まさかここまで積もるとは、思いもよりませんでした。


今日の雪は凄い。1

遠くの山々も吹雪いていて、まったく前が見えません。

今日の雪は凄い。2

こんな天候では、2人も外には出られません。

外に出れないロメオとアンズレース。

以前、雪が積もった、とても寒い日に、動き回った結果、少し体調を崩してしまった経験があります。自分達で旅立ったのですから、自業自得なのですが、これを境に雪の積もった中を飛び出していく事はなくなりました。
朝、ハウスの中にいる時は「出して欲しい」といろいろ鳴くのですが、そういった時は、今現在の外の状況を見せてやります。そして、ハウスの扉を開け、自分達の判断に委ねさせます。今日も、こういった事をしたのですが、2人とも賢いので、外に出るのを諦めました。この2人の行動や言動?は、本当に面白くて、仕方がありません。

話はそれてしまいましたが、小月の大根、ぜひ機会があれば召し上がって頂ければと思います。
手続きが済み次第、近くのドライブイン内にあるAコープ店内「こどういち」コーナーでも販売致します。
どうしても食べてみたいという方には、直接販売も致します。1本¥150~¥200です。
送料は別途頂く事になりますが、他のお野菜や、さつまいもコンフィチュール、ハーブティーを始めとする小月の商品との同梱可能です。(ヴィーガン・ペースト類は現在在庫がありませんので、ご了承下さい)

marche' du 小月から皆さまへ、本当のナチュラルをお届け致します。        D
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marcheduaduki.blog134.fc2.com/tb.php/80-62399288

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。