プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ニュー・ドーン。1」

こんにちは。

土曜日から月曜日までの道の駅での結果は、残念な事に、散々たるものでした。
明らかに、2年ほど前に近くに出来た、大型の観光施設(ドライブインのようなもの)の影響を受け、相当な数のお客さんがそちらに流れているようです。この施設は、バスの会社が運営しているので、おのずと道の駅には慣行バスが以前の様に、停まらなくなります。
私達の商品の売り上げ結果は、ヴィーガン食パンが1つ、純植物性の洋菓子が0、さつまいもコンフィチュールも0、ブレンドハーブティーも0、アクセサリーも0、お野菜に関しては、4種類(宮重長大根、聖護院大根、聖護院蕪、例の黒大根)を合計20本ほど出していましたが、売れたのはたったの3本。値段は全て¥150(黒大根は小ぶりだと2、3個入っています)で、そこから手数料を引かれるので、どうしようもありません。

とりあえず現状、現在所有している材料を使って商品を作らなければならないので、少しのロスも許されませんので、今週からは、道の駅にはパンやお菓子を出店する事は出来なくなりました。

しかし現在、前述のドライブイン内にあるAコープ(JAが運営するスーパーの様なお店)の「こどういち」という物販システムにて、販売手続きを進めており、これが無事完了した後にはパンや洋菓子を出してみようと思います。
お野菜に関しては、以前私が「こどういち」に登録していましたので、うまく行けば今週末には、並べさせて頂く事が出来そうです。

さて、話は変わりまして、今、大切な現金収入源となっているバラの剪定・誘引作業のお話に移ります。
このお仕事は、材料費がかからず、私自身の技術のみとなりますので、本当に助かります。有難い事に、道具はもともと良いものを揃えていますので、全く問題はありません。
今日の主役は、以前のお話の通り、ニュー・ドーンです。


ニュー・ドーン誘引途中1

写真は、誘引と剪定を少し進めた状態のものです。
途中で、写真を撮り忘れていた事に気付き、撮影させて頂いたのでこのような形になりました。

誘引、剪定を全くしていない状態の時は、枝は縦横無尽に伸び、フェンスの外側にも伸び放題。挙句の果てには、フェンスの板と板の間からも伸び出ていました。ニュー・ドーンは強健で、驚異的な成長、枝の伸長を見せてくれるバラなのです。耐陰性もかなり高いです。


ニュー・ドーン誘引途中2

ベイサルシュートはよく伸び、もっと先まで波打つように伸びています。
1番花の開花途中、もしくは開花後に伸びるベイサルシュートに、しっかりとした支柱を沿わせ(バラは、支柱を沿わせると、それに沿って、上に伸びる習性がある為)、可能な限り伸ばします。途中、支柱の許容範囲よりも長くなりすぎて、枝がしなり、地面に着いてしまいますが、ニュー・ドーンはそれでも伸び続けます。まるで地面をのたうつ波の様にです。環境が合い、株が充実していれば、1年で5m以上伸びる事もあります。この株では、昨年だけで3mほど伸びた枝がありました。

この写真の状態の後、着実に剪定、誘引を進め、完成したのが次の写真です。


ニュー・ドーン誘引後1

昨年に比べると、随分と、枝数、充実した枝が増えましたので、今年は更に沢山の花が期待出来そうです。

ニュー・ドーン誘引後2

枝数が確保出来ているので、株元にも充実した枝を残す事が出来ましたので、全体に、まんべんなく花を着けてくれるはずです。

このニュー・ドーンの右隣りにはアイスバーグ(つるではない方)、ピエール・ドゥ・ロンサール、そしてまたニュー・ドーンと続きます。
ピエール・ドゥ・ロンサールは、今の状態では良い成長が望めないので(株間が狭すぎる為)、今年は移植予定との事です。

次は、こちらのご主人が作って下さった、新しいフェンスに、右側のニュー・ドーンを誘引させて頂く事になっています。        D
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marcheduaduki.blog134.fc2.com/tb.php/79-42546c25

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。