プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マメの地作り」。

こんにちは。
今日は大変な天候でしたが、畑の防風ネットが支柱ごと倒されてしまっていたり、不織布トンネルが強風で飛ばされていたりで、大雨の中でも、存分に作業をさせてくれました...(笑)。
こういった状況だと、以前は落ち込んだりしていましたが、今は全く落ち込まなくなりました。
それは、こういった状況に慣れたせいというのも勿論あるのでしょうが、それ以上に、作物を育てる楽しさがあり、日々充実した畑作業を、嫌々ではなく、前向きに楽しんで行えている事が大きいと思います。こういった日々を2人で送れているという事に、心から感謝しています。

昨日は、今日とは全く違い、穏やかな秋晴れの天候で、午前中は、思うように作業が行えました。(午後からは、私事があり外出した為、畑はお休みでした)
昨日は、スナップエンドウとソラマメの地作りをしました。


スナップエンドウの苗達。

写真は、スナップエンドウの苗のものです。10月末に種蒔きして、トンネル被覆せずに育苗し、現在はこの大きさです。もう少し大きくても、定植適期となります。
地作りの現場は、時間の関係で撮影出来ませんでしたので、こちらを撮りました。
スナップエンドウもソラマメも今回はポット育苗にしました。理由としては、地作りの時間をとる為と、前作の作物の残渣を利用する植え付け方法の為、前作の作物の按配で、植え付けが遅くなった方が良かったからです。
前作の作物は「オクラ」。
オクラは地中深くまで根を張り、支柱のようにしっかりとした茎を残します。要するに、この支柱の様な主幹と、葉柄をマメの誘引資材として利用するという事です。
畝を崩さずにマメを植え付けるのですが、それでも地作りは必要。
風雨で畝間に流された土に、必要最低限の堆肥分と有機石灰をよく混ぜ、平鍬で土を畝に上げます。これであとは、植え付けるのみとなりました。

昨日は他には時間の関係上、大掛かりな作業が出来ませんでしたので、我が家の鉢植えにしている植物を1ついじりました。


マルチングサボリィ1

ウインターサボリィとラベンダータイムの大鉢の、剪定と、表土リフレッシュ、それに腐葉土マルチングをしました。

マルチングサボリィ2

今年も新しいシュートがよく出ています。
このシュートが冬を越える事により、翌春には、このシュートから良いわき芽が伸び、風味豊かで、柔らかい良質な枝が収穫出来るようになります。
ウインターサボリィのほとんどは庭や畑に植わっていますが、万が一の為に、鉢植えも作っています。他のハーブも万が一の為に、鉢植えを作っています。長雨や酷暑、極寒などで庭や畑のハーブ達が枯れてしまった時に、増やしたりも出来るので、非常に助かるという事です。
少し、庭や畑にいるハーブ達よりも、手が掛かるのが難点といえば、難点なのですが...。
狭い鉢という限られたスペースでしかいられないという事でも、仕方がない事です。
逆に、鉢植えで申し訳ない。
最後に、本当に偶然の一致なのですが、今日は紹介したマメとウインターサボリィ、お料理の相性も抜群という事です。何も意識せずに、作業を進めて、この様に一致する事もしばしばある事が、本当におもしろい。目に見えない力が引き合う力を感じます。
それでは、また。        D
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marcheduaduki.blog134.fc2.com/tb.php/58-8edb4ba9

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。