プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2人の生活とお食事。」

ロメオとアンズレースは、我が家の大切な家族の烏骨鶏。
以前書かせて頂いた「鶏糞」のお話に繋がる、この2人の生活スタイルとお食事事情を、今日は書かせて頂きたいと思います。

まず生活スタイルですが、日中は網で囲んでいる地面(庭)に放しています。そのまま放さずに網で囲んでいる理由は、この子達の驚異的!?な脚力で、庭が月面の様になってしまうのと、他の動物にハントされる事を防ぐ為です。2つめの理由が特に重要で、特に日中はトンビに気を付けなくてはなりません。すぐに飛んできます。日中ひとしきり暴れ回った後、夕方には、私達が「ハウス」と呼んでいるケージに帰ってきます。安全な所なら、そのまま庭に夜寝る為の小屋を作って、過ごしてもらうのですが、なにせ動物が恐い。2人をハントする夜の敵は、タヌキ、野犬、イタチ、キツネ、テン、ハクビシン、それにヘビなどと、とても多いのです。ヒヨコでもあるまいし、ヘビも敵になるのか?とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、ヘビに関しては、近所のおじいちゃんが昔、チャボを飼っていた時、そのチャボはヘビに首を締め上げられ、ぶら下げられていたという事を聞きましたので、大人になっても、ヘビに殺される可能性があるという事が分かりました。
網で囲んでいる、日中を過ごす場所は、状態を見て移動したりもします。
話は変わり、2人のお食事事情ですが、私達が用意するのは、基本的に朝、夕の2回、専用のお皿に盛ってあげる分のみで、それ以外では、抜いたり、刈り取ったりした雑草や、私達が育てたお野菜を日中過ごすところに入れてあげたりします。2人は自分達で狩りをします。強靭な足でもって、大きめの石がある土壌でも、瞬く間に月面のクレーターの様に変えてしまいます。こうして掘る事により、ミミズやその他の小さな生物、雑草の種などを捕食しています。あまりに掘るので、雑草が根付く事が出来ないほどです。
常に地面を掘っている様な生活ですから、当然、ご飯となるミミズや虫などはいなくなってしまいますので、時間がある時は、「探検」と称して別のところ、例えば落ち葉が敷き詰められた、ちょっとした「森」の様なところに2人を連れて行って、自由気ままに掘らせてあげたりもします。
前述の通り、「主食」は自分達で探しているのですが、次に私達が用意する「副食」の事を少し書かせて頂きますと、市販されている無添加飼料(ほとんどの家禽飼料には、大量の添加物が入っています)に米糠などをブレンドしたものをベースに、我が家で賄える植物を、かなりの量でトッピングします。
例えば、


2人の朝ごはん。

写真は、とある時の朝ごはんのものです。
ベースの飼料にトッピングしているのは、アップルミント、パイナップルミント、ワイルドマジョラム(オレガノ)、メリッサ(レモンバーム)、そして昨年育てた分の高黍(たかきび)です。この中では、アップルミントとオレガノ、そして高黍が好みです。特に高黍は大好きで、ダンゴムシを超えます。
ちなみに今日の朝ごはんのトッピングは、アップルミント、ワイルドマジョラム、そしてコモンマロウでした。


2人のお夕飯。

この写真は、とある時の夕ごはんです。
トッピングは、メリッサ、クリーピングタイム、クロバー、そして多めの高黍です。この日は私達が日中、外出しましたので、かわいそうな思いをさせたと思い、特別に多く、高黍を入れました。
ちなみに今日は、トッピングは控えました。思いのほか、雨が沢山降ったのです。
2人にあげる植物は多岐に渡ります。


ハーマイオニィさんがご飯に。

ピーク外れでも、イングリッシュローズの品種によれば、新しい枝が出れば、次々に花が上がって来ます。写真は「ジェントル・ハーマイオニィ」です。
こういったピンク~白系のバラの花は、2人とも結構好みです。
最近バラには、花よりも、どちらかといえば枝や葉っぱのバランス、つまり植物体としての魅力の方が強く感じるところがあるので、花が最も美しく見頃でも、何の躊躇もなく、2人のごはんとして摘み取ります。


ローズご飯。

そして、この様な「ごはん」へと姿を変えます。
この時は、クロバー、アップルミント、そしてローマンカモマイルの花といっしょに混ぜました。カモマイルを食べて、少しでも気分リラックスしてもらおうと思って、混ぜる時がありますが、あまり好きではないので、好んで沢山は食べません。

この様な生活スタイル、お食事事情の2人の鶏糞は、通常のブロイラー鶏糞とは全くの別物ではないでしょうか?
愛すべきロメオとアンズレースの鶏糞ですので、色々な試行錯誤をして、お野菜やハーブ達の良質な肥料として、ぜひとも使えるようにしていきたいです。
ただ今、実験、順調に進行中。        D
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marcheduaduki.blog134.fc2.com/tb.php/41-5b280709

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。