プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鶏糞。」

こんにちは。
今日も、台風の後処理や、田んぼの水具合の確認や、田んぼの畦の草刈り等、色々作業をしました。雨が沢山降っていたので、草刈りは、鎌で手刈りで行いました。
早速、昨日書く予定だった「鶏糞」の話を書かせて頂きます。

「鶏糞」というのは、読んで字の如く「にわとりのふん」の事です。
有機質資材の中には、植物系のものと動物系のものがあり、これは勿論動物系のものに当ります。動物系の「肥料」です。そうなのです、鶏糞は、「堆肥」ではなくて「肥料」なのです。案外、知らない方が多いかもしれません。ちなみに牛糞や馬糞を発酵させたものは堆肥として扱われます。肥料としての効果が期待できるほど、3要素が含まれていない為のようです。
鶏糞は肥料として扱われている通り、有機物ではかなり肥料的効果が高い肥料で、しかもかなり安価(14~20L位で¥100前後)な為、非常に多く愛用されています。有機物なので、有機JAS規格の農作物にも使用出来ます。これだけ見ると、なんと素晴らしい有機質資材なのだろうかと思いますが、実際はどうなのでしょうか?
人により、意見は異なると思いますが、私は、自分が農作物を育てる際には、普通の鶏糞は絶対に使いません。
理由はいくつかあり、まず、発酵熟度が足りないものだと、土壌環境が破壊される可能性が高い事が挙げられます。
鶏糞を実際に使い、違和感を感じて使用を止めた方だとお分かりになると思いますが、少しべたっとした土質になります。質感や見た目の影響はこんなものなのですが、土壌環境下では、硝酸態窒素過剰状態になっている可能性があります。こうなってしまうと、お野菜の味に影響が出てしまい、妙に灰汁っぽい、えぐみのある味のお野菜になってしまいます。また、日持ちが良くないお野菜になったりもします。何が原因かは定かではありませんが、そうなってしまうのです。ちなみに硝酸態窒素は、発がん性のある物質だと言われています。
この他の理由としては、鶏糞の出所が挙げられます。
安価で販売されている鶏糞は、ほぼ100%ブロイラー製で間違いないと思います。ブロイラーというのは、鶏肉や卵を、大量に生産する工場の様な施設で、信じられない速さで鶏が成長し、一生を終える(鶏肉になる)、ちょっと恐い所です。そこでの鶏達の生活は、体の向きすらかえられないスペースに1羽ずつ鶏がずらっと収められ、目の前に流れてくる、高栄養の餌を食べる事しか許されないという過酷なものです。しかも生活リズムも完全に支配されており、太陽の光ではなく、室内照明で日中と夜間を作り分けられており、照明を付けている間は常に餌を与え続け、一定の時間がきたら照明を消し、人工的に夜を作り、活動を止めさせます。無駄な動きをさせない為です。こうしたシステムで、ブロイラーでは柔らかい肉質の、大きな鶏肉を、大量に、しかも短期間に生産しているのです。こういった過酷な環境化ですので、当然病気なども発生しやすいと予想出来ますが、これは餌に抗生物質や薬品などを混ぜて与える事で予防しているようです。
文章だけ見ると無茶苦茶で、デタラメな話だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところ、嘘の様な本当の話。見た事のある人間が、今、この文章を書いているのですから。
こういった事もあり、私達はとても普通の鶏糞を使う事が出来ません。動物愛護などではなく、単純に良いものとは言えないからです。こんな環境で育てられている鶏の排泄物でお野菜を育てても、良いお野菜が育つとは思えません。
有機JAS規格の農作物が必ずしも安全ではない、というお話を聞いたり、見たりした事はございませんか?それは、こういった資材を有機農産物JAS規格でも使用出来るという理由から言われているのかも知れません。

普通の鶏糞を使う事をしない私達ですが、状態によっては使ってみようかな?と思う鶏糞はあります。
それはもちろん、ロメオとアンズレースの鶏糞です。
ロメオとアンズレースというのは、愛すべき我が家の2人の烏骨鶏(うこっけい)。
下の写真は、この子達の、夕方に帰るハウスの床にあるままの状態の鶏糞です。床には籾殻を敷いているので、この様な状態。
次は、この2人の鶏糞はどういったものかというのを書かせて頂こうかと思います。        D


ロメオとアンズレースの鶏糞
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marcheduaduki.blog134.fc2.com/tb.php/39-00c361a5

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。