プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒星病を「食べる」。

こんにちは。

最近、ようやく畑仕事の昼休みなどを使って、自分のところのバラ等の剪定や誘引を開始しました。
バラも勿論全て、自然栽培なのですが、バラに限っては、私達の食べ物由来の希釈した液をたまに散布しています。
病気を防ぐ為というか、どのような効果があるか、どうしてもデータを採りたくて、2年ほど前から試しています。

今回、その効果がやはり確かである事が、再確認出来ました。

バラにとって、切っても切り離せない病気が黒星病という、葉や枝に黒い円形の菌のコロニーができ、やがて葉が落葉していく病気があります。
バラの生命という観点では、そこまで影響しない病気ですが、やはり葉を多く失いますので、成長が鈍くなります。

私が私達の食べ物由来の水溶液を主に散布するのは、この黒星病に対しての効果を見る為です。
この水溶液は、生きています。
そして、黒星病の菌を食べていくのだろうと思われます。
「食べていく」と断言しないのは、「農薬」ではない為です。


黒星病を食べる。1

この写真は、散布して数時間~1日程度経った、黒星病の葉のものです。
黒星病のコロニーの中央に見える「白い部分」が、水溶液散布後に発生する菌のコロニーです。
気候条件にもよりますが、通常、このまま白い部分が増殖していきます。


黒星病を食べる。2

これは別の株の葉の写真ですが、白い菌のコロニーが黒星病の菌のコロニーを覆いつくすと、やがて、この写真の葉の様に、黒星病に冒されていた部分だけコロッとなくなります。
これは、自然栽培に移行してから、より顕著に現れるようになりました。
無肥料、無堆肥で育つ事により、その植物が、微生物と、より良い関係を築けている証だと思われます。


黒星病を食べる。3

そして、この菌の効果は、生きている植物以外にも現れます。
写真は、落葉した葉にコロニーが出来始めているところです。
水溶液を散布した空間自体に広がり、黒星病菌を食べていきます。
想像していた通り、どうやら黒星病菌の「天敵」のようです。

全ての生物には、食物連鎖上、最上位の生物以外には、必ず「天敵」がいるものです。
そういった考えがあり、この水溶液を試していました。

この水溶液の成分のヒントは、「殺菌力」です。
この原液を、いつもお仕事を依頼して下さる方にも差し上げましたが、少しでも効果が表れれば幸いだなあと思う次第です。
通常、2、300倍希釈のものを1ヶ月に2回も散布すれば、効果はてきめんでした。
一度散布すると、枝や葉に付着し、共生するので、長期間効果が持続するようです。        D
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marcheduaduki.blog134.fc2.com/tb.php/129-da4a3ba8

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。