プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の「剪定・誘引」の仕事始め。

こんにちは、お久しぶりです。

最近、畑仕事の合間に時間を作り、久しぶりに例年通り、バラの剪定・誘引の仕事に伺ってきました。
昨年は、2ヶ月近くも連続で、雨がないという異常気象の為、ベイサルシュートの伸びがあまりよくない様子ですが、それでも、ニュードーンは沢山伸びていました。


ニュードーン、誘引前1

前年の誘引を解き、不要なシュート、側枝をほとんど剪定した後でも、これだけ枝が揃っています。
この後、ベイサルシュートを伸ばす為に仮誘引していた支柱から、枝を解いた状態がこちらです。


ニュードーン、誘引前2

長い枝で、3m以上は伸びています。ベイサルシュートの伸長期のかん水管理がうまく出来ていれば、まだまだ伸ばす事が出来そうです。
こちらのお宅のバラも全て、無農薬、無肥料、無堆肥の自然栽培に移行していますが、植物自体をよく観察して、育ち易い環境を作る手助けを人間が少しすると、十分に育っていきます。

この後、誘引しながら、更に必要な枝を絞っていき、誘引を完了しました。


ニュードーン、誘引後1

枝数をかなり制限しましたが、比較的まんべんなく誘引する事が出来ました。
今年は、少しですが、隣のフェンスにまで枝が届きました。

こちらのお宅には、もう1株、ニュードーンが植わっています。
もう1株はすこし小さめですが、それでも結構大きくなってきました。
誘引前の状態が、こちらです。


2株目ニュードーン、誘引前

こちらも同じような手順で、誘引した結果、この様になりました。

2株目ニュードーン、誘引後

充実していない枝をむやみに残すと、株が冬の間蓄えていたエネルギーを無駄に消費してしまうので、株自体の大きさ、ベイサルシュートの太さに対して、サイドシュートを何本生かすことが出来るか等を考え、誘引していくと、結果的にこれ位の枝数になりました。枝数か少なめな分、充実した芽が伸び、結果、比較的まとまった数の大きめの花が綺麗に咲いてくれる事が期待出来ます。

この後も、アンジェラやアイスバーグ、クィーン・オブ・スウェーデン、テス・オヴ・ザ・ダーバーヴィルズ、ピエール・ドゥ・ロンサールなどなどを剪定し、今期の誘引・剪定の仕事を終了させて頂きました。

自分のところのバラやクレマチス、その他ハーブなどがまだ手付かずな状態のものが多く(ブルーベリーは全株、剪定が終了しました)、こちらの剪定や誘引の時間も何とか作っていかなければと思案している次第です...。        D
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marcheduaduki.blog134.fc2.com/tb.php/126-0206e7df

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。