プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雪の穴。」

今日は久しぶりに、庭のお仕事に伺いました。
バラの管理などをご依頼して下さっている方で、ちょうどこの時期は色々とバラに対する作業があるのですが、運悪くバラのオーナーさんがインフルエンザに罹ってしまい、作業がお預け状態になってしまっていました。
そのお庭に伺い早速、強風の為に乱れてしまった、すでに誘引済のバラの手直しをし、その後移植予定のバラの為に「穴」を掘りました。


サマースノーの穴1

この穴を新しい住まいにするバラは、つるサマースノーという品種です。
サマースノーは、枝がしなやかで、なおかつトゲが少なく扱いやすいバラです。
穴を掘り始めると、比較的浅い位置から「床」に当り、スコップから山起こし(つるはしの事)に持ち替え、礫を砕いて掘り進めました。山起こしの扱いには、慣れたものでしたので、無事5~60cm位の深さの穴が出来ました。


サマースノーの穴2

表層10数cmは、土の仕込み方を説明させて頂き、実践して頂いておりましたので、よく肥えていましたが、想像していた以上に浅い部分から床に当たってしまったので、簡単な土壌改良の必要が出てきてしまいました。礫を取り除き、それにより減ってしまった土を補充し、最適な配合で腐葉土や堆肥を混ぜるのです。手間は掛かりますが、その分、1から最適な土を、鉢植えの様に作る事が出来ますので、その後の成長にきたす影響は大きいものになります。

バラの移植としては、2月中旬がぎりぎり間に合う最後の時期となりますので、できるだけ早く移植したいものです。
今日は穴を掘るのと同時に、サマースノーの移植用の剪定も行いました。移植の際は、地上部と根のバランスが重要となりますので、残念ではありますが、長く伸びたベイサルシュートも最適な長さまで切り戻さなくてはなりません。ですので、今年の花数がぐんと減ってしまいますが、とりあえず我慢致しましょう。
明日、市街地まで出掛ける用事があり、そのついでに必要な資材を揃える事が出来ますので、次にお伺いした際には、サマースノーを移植できそうです。        D
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marcheduaduki.blog134.fc2.com/tb.php/12-91af2566

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。