プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥルシー。

こんにちは。
今年も、ホーリーバジルは良い状態で育っています。
ホーリーバジルも、他のハーブに例外なく、自然栽培に移行してからは、更に香り高く、私達が感じていた「肥料や堆肥臭さ」がなくなりました。


ヴァナ・トゥルシー1。

ヴァナ・トゥルシー2。

こちらは、日本では「ヴァナ・トゥルシー」と呼ばれているホーリーバジルの1種です。ヨーロッパなどでは「セイクリット・バジル」と呼ばれているそうです。
ヴァナ・トゥルシーはホーリーバジルの中で一番美しい香りを放ちます。
自然栽培の植物は、左右対称に近いような枝ぶりや形をしている事が多いのですが、このヴァナ・トゥルシーも分かり易い例です。
ホーリーバジルもアシュワガンダと同じ「アダプトゲン」の上位ハーブとして有名ですが、特にこのホーリバジルを特定して指すという方が、多いようです。そのホーリーバジルは、こちら。


ラクシュミ・トゥルシー。


クリシュナ・トゥルシー。

クリシュナ・トゥルシーとラクシュミ・トゥルシーと呼ばれるホーリーバジルです。
本当に様々な薬効が期待できるホーリーバジルですが、その内いくつか紹介させて頂きますと、「空気の浄化」、「免疫力の向上」、「肝機能障害の予防」、「特定のがん、腫瘍の増殖予防」、「放射線障害の予防」、「フリーラジカル捕捉による老化の予防」、「月経前症候群などの改善」、「うつ、ストレスによる、脳機能低下の改善」、「神経系の強化」、「血糖値、血圧の降下」などが挙げられます。(以上、石垣島アーユルヴェーダハーブ園様より抜粋)
これ以外にも、ラットが使われた実験では、放射能被曝した個体にホーリーバジルを投与し続けた結果、無投与の個体とは明らかに差があり、被曝した細胞が回復し、細胞がガン化しなかったという実験結果が論文でも発表されているようです。(こちらの詳細も、石垣島アーユルヴェーダハーブ園さまのHPでご覧頂く事が出来ます)

このように、沢山の恩恵を私達に授けてくれるホーリーバジル。
現在のような世の中には、様々な意味で必要なハーブではないでしょうか?

最後に、「アダプトゲン」と呼ばれるものが何なのかを簡単に説明させて頂きます。

アダプトゲン

トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある、天然のハーブ。
特徴としては、服用者に無害である事、非特異的な反応を示すこと、つまり、物理的、化学的、生物学的な様々なストレス因子に対して、抵抗力を高める事、生理機能を正常化すること、それは標準値からどの方向にずれても正常値に戻す働きがある。(電子辞書ウィキペディア「アダプトゲン」項より抜粋)
        D
スポンサーサイト

とっておきの自然栽培ハーブ達。

こんにちは、お久しぶりです。
ようやく、植物や私達にとっての恵みの雨が降ってくれました。
どんなにこの日を待ちわびた事か...。

私達にとっても恵みの雨というのは、植物(特にお野菜)の水遣りに、日々追われていた為です。
何しろ一日朝夕合わせて5時間程度、水遣りだけに時間を取られてしまっていましたから。
近くの「野中の清水さん」に行き、30kg位水を入れた容器をいくつも、何往復も運び、それを畑の作物に与えている毎日の為、2人とも肉体的にも精神的にもさすがに限界でした。日中は気温、地温が高すぎて、水遣りが出来ませんので、夕方の水遣りを完全に終える事が出来るのは、毎日辺りが完全に暗くなった夜8時頃。朝5時から夜8時まで毎日休みなく、しかも日中の酷暑の中、畑作業でしたから(この時間帯しか、水遣り以外の作業が出来なかった為)、さすがに頭がおかしくなりそうでしたw。

今回の雨には、感謝しきれない程、感謝しています。
たった1日や2日、水遣りをほとんど行わなくてよい日があるだけで、ここまで気持ち的にも身体的にも、楽になるとは自分達でも驚いています。

雨の日は雨の日で、今まで出来なかった作業を進めるのですが、それでも本当に気持ちは楽です。

以前からネットショップに出したかった自然栽培ハーブを、ようやく出品する事が叶いました。


とっておきのコモンセージ2。

とっておきのローズマリー。

とっておきのクリーピングタイム。

とっておきのコモンタイム。

とっておきのグリークオレガノ。

とっておきのエストラゴン。

どの種類のハーブも、とっておきの自然栽培ハーブ達です。
今回は、こういったハーブの種も出品しました。


アシュワガンダ1。

アシュワガンダ2。

アーユルヴェーダで重要な薬草に位置付けされ、アダプトゲンの上位ハーブでもあるアシュワガンダです。
近年、研究が進められ、葉や根の成分には高い抗がん作用をはじめ、数え切れない程の薬効が確認されているそうです。
健康野菜としても注目されているといいますが、アシュワガンダ自体、今年の早春に一部含有成分が「医薬品登録」されており、食用での販売は出来なくなっています。一体、どのように野菜として販売していくのか不思議です。
小月で販売を開始したのは、自家採取の乾燥果実です。現在のところ、栽培の制限はないようですので、栽培目的の種子としての販売となります。
私達は日常的に利用しておりますが、特殊な植物の為、ご利用の際は全て自己責任の上でのご利用お願い致します。

最後に。
自然栽培で育ったハーブには、慣行栽培や有機栽培に見られる、栽培に使用した肥料や堆肥の雑味がありません。本来、そのハーブが持っている香り、風味などを、本当の意味で感じられると思います。
お野菜でも、もちろん同じ事が言えます。
これは、書籍などで得た知識ではなく、私達自身が、年を重ねるごとに感じてきた経験によるものですので、その点はご了承頂ければ幸いです。        D

「お野菜セット」書き忘れ。

こんにちは。

お野菜セットの書き忘れです。
お届けの際は、小月の段ボール箱にてお届け致します。        D


お野菜セットの箱。

「自然栽培お野菜セット。」

こんにちは、お久しぶりです。

「こどういち」という、JAが運営しているスーパー「Aコープ」内の産直コーナーに出荷しているお野菜の表示に対して、とうとう指摘がありました...。

この指摘というのは、無農薬や除草剤不使用などの表示の事。
有機JAS規格を取得していない農産物は、「有機」や「オーガニック」、ましてや「無農薬」、「無化学肥料」、あとはそれらを謳っていそうな、あいまいな表現さえ禁止されています。
これは、80~90年代に「有機」というものが流行した際に、あまりにも農家の方々が無茶をしすぎた為に、有機JAS規格という基準を設けなくては、何もかもが有機やらオーガニックやらと謳われて販売されてしまう恐れがあった為、この様な事になってしまったのです。
無茶な事の一例を挙げるとすれば、「牛ふん堆肥を使っているから有機農産物」などです。これは、牛ふん堆肥が有機質堆肥で、それを使って栽培されているから有機農産物と謳っている事例です。もちろん、農薬も化学肥料も除草剤も、通常の慣行栽培と同じだけ使用しています。

こういった、とんでもない事例が多々見受けられた為に、出来てしまった有機JAS規格。
これにより、表現がかなり制限されてしまい、運悪く指摘、発見されてしまって、ただでさえ乏しい販路を失い、それによって農業を辞めてしまった私達と同じ様な、親が農業ではない方々は、数え切れない位いると思います。私達の知っている限りでも、10人近くはいると思います。

実際に、私達のお野菜は指摘を受けてしまったので、「こどういち」で販売する際は、他に出荷している方々と同じ様な形で出荷しなくてはならなくなってしまいました。
つまり、農薬や化学肥料、除草剤を使った、通常の慣行栽培の農作物と同じ状態での販売になってしまいます。
ただでさえ、販売状況が苦しいのに、さらに過酷な状態になりました。
始めは、「もう売りようがない」と、一瞬愕然としてしまいましたが、「リスのラベル」の表示文字を、このブログのアドレスとネットショップのアドレスに変更して、ラベルでの特別感をこのまま継続させ、何とか売れるようにと頑張っている次第です。私達のお野菜を買って下さった方が、このブログにアクセスして下さった時の為に、近い内に自然栽培の事を少し書こうかと考えています。

現在の私達の生活状況は、とても苦しく、その日、その日を何とか繋いでいる様な状態で、生活必需品すら買えない感じです。
ここ2、3ヶ月は、1日も休んだ事がないのに、収入が乏しいというのは、何とも切ないものです。w
私達は、親との関係には縁がないので、親にお金を借りる事も出来ない(貸す位なら、こちらが欲しいと言われるような感じ)ので、「もの」が売れなければ何ともならないのですが、それでも2人で「絶対に、農業で生き残ってやる」という気持ちで頑張っています。

落ち込む隙がない位に、草刈り等に追われている毎日ですが、その合間に時間を作り、このような「もの」を販売出来るようにしました。


お野菜セット。

自然栽培お野菜の宅配セットです。
セット内容は、自然栽培お野菜5~7品目に、珍しい自然栽培フレッシュハーブ(キッチンorティー)をプラスしたというものです。
写真のお野菜は、前回、ベッカライ・ビオブロートのTさんがご注文下さった際に、発送させて頂いた内容で、ズッキーニ2種、黄色ニンジン、ジャガイモ特殊品種(ノーザンルビーやシャドークィーン。加熱してもピンクや紫の色のままのジャガイモです。)、空芯菜、エゴマ(ジュウネン)、そしてレモングラスです。
私達が育てるお野菜のほぼ全てが固定種となりますが、今回のセットのお野菜で特に、ズッキーニ2種、ジャガイモは、自家採種した種と種芋で栽培しているお野菜となります。次の作付けからは、黄色ニンジンとエゴマも自家採種での栽培となります。

自然栽培のお野菜は、肥料や堆肥を使ったお野菜の様に、「強い味」はしませんが、本当のお野菜だけの味がする、自然と身体に馴染む、とても優しい味です。
自然栽培のハーブに関しては、私達の経験から言うと、「これに勝るものなし」です。私達が育てている全てのハーブの香りが格段に良くなりました。以前の香りでも十分素晴らしかったのですが、それに輪をかけたような感じです。

小月のお野菜やハーブで、生活に「ほっと一息」、如何でしょうか?        D
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。