プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ローズ・ティー」が嬉しい事に...。

魔性のバラ ~ネージュ・パルファン4

魔性のバラ ~ネージュ・パルファン5

この写真は、我が家の麗しき姫、魔性のバラの1つに数えられる「ネージュ・パルファン」の昨年の一番花のものです。
上の写真の状態から咲き進むと、下の写真の様なオールドローズに近い様な姿になります。
このバラは、ハイブリッド・ティーの白花系品種の中では、間違いなく五指に入る強香の持ち主で、フルーツ・ダマスク香の素晴らしい香りが、数m離れていても感じられるほどです。
今日のお話は、ネージュ・パルファンとしては関係ないのですが、バラとしては関係のある話。

大変有難い事に、Rオリジナル・ブレンドハーブティーが最近、ご好評を頂いております。
特に、以前写真追加で紹介させて頂きましたローズティーと「シンプルズ・レメディス」という免疫力を高めるような効果が期待できるという薬草治療という名のハーブティーが人気のようです。恐らく、花粉症対策やインフルエンザ対策等で、後者は人気だったのだと予想されます。
ローズティーは、袋を開けた瞬間から、ネージュ・パルファンに負けず劣らずの素敵な香りを楽しめ、見た目も可愛く美しいので、私Dもお勧めです。
以前、ローズティーの写真は紹介致しましたので、今回はシンプルズ・レメディスの写真を紹介させて頂きます。


シンプルズ・レメディス。

エルダーやネトル、それにエキナセア等、免疫力を高めそうな、特殊?なハーブがブレンドされていますが、確かな知識のあるS.Rがブレンドしておりますので、安心してお飲み頂けます。

明日は久しぶりに、直接マイスターのお店に納品に伺います。
今日紹介した2種のオリジナル・ブレンドハーブティー、それに春菊ペースト、そしてフリーペーパー(ブレンドハーブティーの絵本も)を持っていかせて頂きます。
私達は、マイスター達に会える事、そしてマイスターの「胡桃レーズンのパン」が食べれる事が、何よりも楽しみです。        D

スポンサーサイト

「SYUNGIKU」販売再開。

お久しぶりです。
最近はおおむね、畑の作業が多くてなかなか記事を書く機会が得られませんでした。
その甲斐あって、私達のvegan vege pasteのリピータの方々にとっては少し嬉しい朗報が出来ました。
永らく欠品しておりましたvegan vege paste「SYUNGIKU」の販売を、近々再開致します。
komatunaに比べて、なめらかな味わいで、こちらも同じ位魅力的なペーストに仕上がっております。
下の写真は、小月の畑で育っている春菊です。

ペーストのもと。春菊

すくすくと、元気に育っております。
今回のペーストには、この春菊達を使いました。
小月では当たり前の話ですが、農薬散布も、化学肥料施肥もずっと行っていません。しかもラン藻という原始的な藻の様な菌が沢山住んでいますので、私達がこの地に住む以前に、仮に農薬や化学肥料を散布されていようとも、おそらく残留していません。このラン藻という菌は、マメ科植物の様に窒素固定を行い、土壌の環境を整え、そして驚くべき事に有機塩素系農薬をも分解してしまうらしいです。つまりダイオキシン等を分解する力があるという事なのです。
この様に、安心で安全で、豊かな土壌で育った作物ですから、当然畑で、そのまま生の状態で食べる事も出来ます。
実際に私達は、畑で収穫の最中、ペーストにする作物の味を確認する為?(本当のところは違うかも)に、ちぎって食べてみたりもします。今回の春菊も、食べてみました。春の成長が始まったばかりである事、脇芽を保ったまま厳しい冬の寒さや積雪に耐えた事、化学肥料や農薬を散布していない事などが要因なのでしょうが、とにかく甘い事には驚きました。渋みの元となる硝酸の濃度がきわめて低いのでしょう。香りも素晴らしく、納得の春菊でした。


販売再開の目途、春菊ペースト。

春菊ペーストの姿は、この様なものになります。小松菜ペーストとは、ラベルの文字のみが違います。
今回の在庫は、限定100瓶程度となります。お値段はKOMATUNAと同じ¥480です。
どこかに並んだ際(置かせて頂ければ、マイスターのお店)には、是非お試し頂ければ幸いです。
それまで待ちきれないという、とても有難い方がいらっしゃれば、直接お問い合わせ頂ければ販売致します。出来る限り安価な方法をとりますが、送料は別途必要となります。ちなみに発送には「はこBOON」もご利用頂けます。
最後に、vegan vege paste「KOMATUNA」は、少しの間、現在持っている在庫限りとなります。
次に小月の畑で、小松菜が育ち、収穫出来るまで製造できません。
今の在庫分は、秋の終わりから冬の間に育った小松菜を使っておりますので、通常の分よりも濃厚な、野菜のコクと甘みがあり、とても美味しく、他の季節の小松菜では味わえないペーストになっています。
マイスターのお店、もしくは直接お問い合わせ(在庫数など)頂ければ幸いです。        D

植物専用の土、「販売します」。

今日は、バラの管理のお仕事に伺っているお宅の「ピエール・ドゥ・ロンサール」の鉢替に使う、小月オリジナル「バラの土」を作りました。

バラ用の土1。

以前から用土は、時々販売しておりましたが、これを機に、再び販売を開始しようと思います。
その時に手に入る、私が最も良しとする原料を、独自の配合でブレンドした内容の、色々な植物に合った専用の土を、受注生産で作ります。
化学的な処理を施していない基本用土をブレンドし、肥料や堆肥や腐葉土も徹底的にこだわっているつもりです。
バラ用の土を例に挙げると、配合率は秘密ですが、赤玉土、馬ふん堆肥、バーク堆肥、良質な完熟腐葉土などをブレンドし、肥料にはニーム核油粕、バッドグァノ、それに自家製ぼかし等を使い、その時期に合ったものを土に味付けします。
おおまかなラインナップは、基本培養土(一般的な植物全般に使えます。もちろんバラやハーブにも)、クレマチスの土(系統別に作ります)、バラの土(根の状態が判れば、それに合わせても作ります)、ラベンダーの土、コモンセージとホワイトセージの土、ハーブ全般の土(ハーブの種類が判れば、それに合わせて作ります)などとなります。
お値段は、5Lで¥680です。
少し割高だと思いますが、なにぶん私Dが一人で、その都度原材料を吟味し、ご注文頂いた後に手作りしていますので、ご了承頂ければ幸いです。ですので、大量生産も出来かねます事もご了承下さい。
発送は、重さを考慮した上で、送料が一番安くなる方法で行う予定です。
荷姿は、リサイクル段ボール箱に、無地のポリ袋に入れた状態となります。
ネットショップにも出品する予定ですが、畑などでする事が多くなってきておりますので、直接メール注文して頂ければ、対応致しますので、宜しくお願い致します。

今日の午後からは、スポット的に販売しているバラ苗の台木の、1回目の選定を行い、セルトレイ(種蒔き用の小さなトレイ)から、9cmポリポットに鉢増ししました。
この選定では、本葉1枚程度(中には双葉のものも有)の状態で、根の状態、害虫に対する抵抗性を基準に選びました。本葉が展開しているにもかかわらず、根があまり伸びていない株、アブラムシが付いている株を酷ではありますが、処分していきます。

バラ用の土2。

こういった生産現場でも、惜しまず小月オリジナルのバラの土を使います。

バラ用の土3。

marche’ du 小月の台木は、私達が住まう熊野の山に自生しているノイバラから初冬に種を採り、それを蒔いて育てたものや、自生しているノイバラからの挿し木や、自生しているノイバラです。実際に山から掘り上げたりもします。
個人的には、こういった野生からの台木は魅力的だと感じるのですが、如何でしょうか?

台木の話ばかりしていますが、ちょっと良い感じの「挿し木苗」もたまに販売していますので、もし出会った際には、ご興味を持って頂ければ幸いです。
大切に、「無農薬、無化学肥料散布」で育てた植物の苗はいかがですか?        D
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。