プロフィール

ソルシェりす

Author:ソルシェりす
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誘引。」 ~ ニュー・ドーン~

バラの春の目覚めがいよいよ迫ってきましたが、ようやくニュー・ドーンの仕立てに仕事を移す事が出来ました。
という訳で、今日も仕事に伺った際のお話になります。
上にも書きましたが、今日はつるバラ「ニュー・ドーン」の誘引の仕事でした。
まずは全体像を紹介します。


ニュー・ドーンの誘引1

支柱を立て、上向きに伸ばしっぱなしのベイサルシュート、細かいシュートは放置、フェンス無しの状態からでしたが、今日の午前中のみで、作業を全て仕上げる事が出来ました。
簡単な木製フェンスではありますが、私が朝から作りました。木が真っ直ぐではないのは、あえてそうしています。味のある、自然な風合いにしたかった為です。いつも仕事を受け持った際の、こういった時に必要な資材は実費で頂いています。こちらのクライアント様(女性の方です)は、すごくアクティヴで、自分自身でも色々なさるので、この木材のステイン剤(塗料)は、ご自身で塗って下さいました。とても有難い事です。
このニュー・ドーンは、植え付け初年に伸びていたはずのベイサルシュートを、短く切られてしまっていた為、昨年は出来るだけ伸ばしましたが、異常な気象、気候が続きましたので、理想よりも伸びてくれませんでした。つるバラの基本的な事を知らない方は、やはりベイサルシュートが邪魔になるとしか思えない様で、短く切ってしまうらしいのです。こういった例は以外に多いのです。


ニュー・ドーンの誘引2

少ない枝を利用して、出来る限り、バランス良く、枝を配置していきます。
枝は、フェンスにヒートンという金具を打ち、それにステンレスワイヤーを張り、麻紐もしくはシュロ縄で枝をしっかりと縛り、固定します。
本来は、もう少し枝を水平に近い形で誘引した方が、花つきは良くなります。
ニュー・ドーンはステム(芽の位置から花首までの長さ)が長いので、写真の下の方の枝から伸びてくる芽も、とても大切で、花が咲いた時の位置バランスが良くなります。


ニュー・ドーンの誘引3

ほしい位置に枝はあるが、誘引できない時は、この様に枝と枝を縛ったりもします。
こういった時は、花が咲いた時の位置をあらかじめ予測して、縛る部分を決めます。ステムの長さ、花の重さで何処までその枝がしなるかを考えて固定します。


ニュー・ドーンの誘引4

ステンレスワイヤーの端の始末の仕方も独自の方法で、遊び心をプラスしています。アクセサリー作りで慣れた、曲線を美しく仕立てる曲げ方が、こういったところでも役に立っています。

次に伺った際の仕事は、クライアント様も待ちに待った、新しいバラ達の植え付けです。
その為に、深さ、直径ともに50cmはある穴を、いくつも掘って下さっています。
厳寒期もそろそろ終わり、より安全に、スムーズに、バラ達の春の成長を助けてあげられそうです。        D
スポンサーサイト

「オリジナル・ブレンドハーブティーの写真追加。」

今日は、お取引頂いているレストランの方からブレンドハーブティーの追加注文があり、Sさんがブレンドしていました。
これにより、小月のネットショップにて写真が未掲載のブレンドハーブティーの1つに、ようやく写真を載せる事が叶いました。
ですから、今回はこのブレンドハーブティーの紹介を致します。


オリジナル・ローズティー

「la tisane de la rose」

(これより商品説明)
肌を若々しく保つ効果がある事から「若返りの薬」として珍重されてきたローズティー。
心身の疲れをほぐし、潤いを与えてくれます。
明るく前向きな気持ちへと導き、気になるむくみや便秘、胃腸の疲れを軽減、美しいお肌へと導いてくれるハーブティー。
毎日を、元気に、美しく、楽しく。

~ ブレンド ハーブズ ~

ピンクローズ ・ レッドローズ ・ ローズヒップ ・ ハイビスカス ・ スペアミント

以上のような内容です。
私Dは、ブレンドの配合などは全く解りませんが、私のような素人にでも解る、素晴らしい香りです。
ピンクローズは、「ロサ・ケンティフォリア」もしくは「ロサ・ダマスケナ」、レッドローズは言わずとも「ロサ・ガリカ・オフィシナリス」ですので、香りが素晴らしくて当たり前です。
絶妙なバランスでブレンドされていますので、味の方も、とても美味しく召し上がって頂けます。

S・Rのオリジナル・ブレンドハーブティーは、和歌山市内の「ビッグ愛」という建物の中にある「hotel de YOSHINO」さんというフレンチレストランでお楽しみ頂けます。
そちらに足をお運びの際には、ぜひお試し頂ければ幸いです。        D

「防寒と剪定。」

今日も、バラの管理に伺いました。
地表部の防寒は万全でしたが、移植後のダメージを更に無くす為、地表より上の部分、つまり枝の防寒をしました。
まず準備として、頃合いな長さの支柱を3本用意し、株周りに三角錐を作り、全ての枝をその中に収めます。


防寒対策before

それが完了したら、次にお野菜を育てる時に、防寒、防虫、保湿、軽い遮光などに使う不織布(ふしょくふと読みます)を、三角錐の周りに巻いていきます。不織布が薄い場合は、二重にします。

防寒対策after

以上で無事に完成です。
後の日常管理としては、土壌の乾燥状態を確認し、必要であれば灌水します。また、晴れが何日も続くようであれば、晴れた日の午前中に、不織布の上から枝にも灌水します。枝の乾燥を防ぐ為です。適切な管理をしていれば、やがて芽が動き出し、伸びてきます。その頃に、この不織布を外します。

防寒対策の後は、バラ数株の剪定を行いました。

アイスバーグ剪定before

この株は、フロリバンダの人気品種「アイスバーグ」です。
写真は剪定前の様子で、片側に枝が密生しています。これは太陽光の当り具合の影響で、近くにあるニュー・ドーンとの株間の狭さが主な原因の1つのようです。
このアイスバーグも、今日剪定させて頂きました。
まず、病害のある弱い枝を整枝しました。その後は、アイスバーグの通常の剪定を行います。
アイスバーグは、シュート更新しないタイプのバラ、フロリバンダだという事を念頭に置いて、ハイブリッド・ティー系統のバラよりもやや浅く、樹高全体の1/3を目安に、バランスを見て剪定していきます。
シュート更新しないバラは、古い枝に何年にも渡って花を咲かせますので、充実した枝を大切に残します。また、太いシュートの側枝は、樹高全体のバランスを見て、芽の動きを予想し、ある程度の太さがあれば、元から2、3芽の位置で剪定します。シュート、側枝の太さによって、養える「芽」の数は違ってきますので、その点を考慮して、臨機応変に剪定位置を決めていきます。単純に言えば、太く充実したシュート、側枝であれば、より多くの芽から枝を出させても、花を咲かせられるという事です。


アイスバーグ剪定after

こちらは剪定後の写真です。
随分すっきりとしました。
一般的には、「外芽で切る」とは言われているようですが、私は一概にそればかりではないと思っております。
やはりバランスが大切だと思います。
そこに枝がほしいとなれば、たとえ内芽でも剪定します。現に、このアイスバーグも、内芽で切った枝がいくつかあります。
バラにとって、剪定はとても大切な作業です。
自己責任のもと、とりあえず良い剪定鋏で切ってみて下さい。良い結果が得られる事の方が多いと思います。ただし、つるバラのベイサルシュートと短く切り詰める事はやめて下さい。品種によっては、花が咲かなくなります。

バラに、藁マルチをしている際、藁の中で冬眠する珍しい虫に出会いました。


これは珍しい!カメノコテントウ♪

これは珍しい!元祖「カメノコテントウ」です。
カメノコテントウの、特に幼虫は、色々な害虫を捕食してくれる有難い虫です。
写真の成虫も、もちろん害虫を捕食してくれます。大きさは、「ナナホシテントウ」のふたまわりほども大きい。冬眠中にお騒がせして、とても申し訳ない事をしましたが、とても素敵な出会いに、素直に喜んでしまいました。        D

「バラの移植。」

昨日は、バラの移植に伺いました。
今月いっぱいまでが、バラの移植の適期ですので、数が多い分、少し作業が多くなります。しかしながら、移植の最適期は、芽や根が動き出すほんの少し前の2月下旬というのは、なんとも皮肉な事です。

サマースノー移植

カクテル移植

アンジェラ移植

上から順に「サマースノー」、「カクテル」、そして「アンジェラ」です。
今回は、この3株を移植しました。
サマースノーは、今年の花数はあまり期待できませんが、今年の管理を適切に行い、花後に伸びるベイサルシュートを充実させれば、来年には比較的多くの花が望めそうです。
カクテルは、前年までの状態が悪かったので(植え付けた際の深さが浅かったのと、害虫被害の為)、枝が細く、数も少な目です。今年からの管理次第で回復させる事は十分可能だと思います。株自体はそこまで弱っていませんでした。
アンジェラに至っては、挿し木株とは思えない位の大きさで、樹勢もあるのですが、なにぶん今まで植え付けていた所のバラ同士の株間や耕土の浅さ、前年の異常気象や台風の影響と思われる「さび病」がひどかったので、枝を短く切り詰めなくてはなりませんでした。しかし、アンジェラは地上部から3、40cmの高さの枝でも、状態がよければ春に開花が望めます。

今回のように、移植や今後の成長が望めない、病気の被害が大きい株の処分(かわいそうという気持ちは、どうしても捨てなくてはならないのです)を行ったので、こちらのクライアント様のお宅に新たにバラを迎える事になりました。土作りをしっかり行えば、土地が広いので十分植え付ける事が出来るのです。
クライアント様と相談した結果、アンジェラを新たに1株と、私のお勧めのバラを3株という事に決まりましたので、早速昨日、手配致しました。
色は赤やピンク系がよろしいとの事でしたので、信頼のおけるナーセリーさんの株や、実際に写真で確認できる株で、私個人の判断ではありますが、最良の3株を揃えました。
気になる?品種は、「クィーン・オブ・スウェーデン」、「ザ・ジェネラス・ガーデナー」、そして「テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズ」です。
バラにある程度興味がある方には判ると思いますが、すべてイングリッシュローズです。
樹形が美しく、香りが良く、そしてなにより病害虫にとても強いという特徴がありますので、このような結果になりました。
どれも素晴らしいバラで、「テス・オブ~」は、ガリカなどのオールドローズ以外の赤系バラで、私が唯一気に入ったバラです。独特な花形(少しくずれた様なニュアンスの)が、繊細で美しいのです。色も素晴らしい。
今回選んだバラ達が、クライアント様のお気に入りのバラになってくれると嬉しいのですが、はたして如何なものでしょうか?楽しみです。        D

♪ アクセサリー追加 Ⅰ ♪

久しぶりに、ネットショップにアクセサリーを追加しました。
小月の定番アクセサリーの「石の実」ネックレスです。
今回は少し珍しい「ラベンダー・アメシスト」の実です。
アメシストは、2月の誕生石として有名なパワーストーン(天然石)で、異性に対する魅力を高め、恋愛運を上昇させる効果などもあるそうです。ラベンダー・アメシストは通常のアメシストよりも、そういった効果が高いと言われています。ちょうどローズクォーツよりも、スター・ローズクォーツの方が効果が高いのと同じ様なものです。
今回の実は、以前から1つだけ持ち合わせていた6mm玉のラベンダー・アメシストを使いました。紐は長さ調節可能で、オーガニック・ヘンプ製です。
石の実ネックレスは、シンプルで飽きが全くこなく、首も疲れ難いので、私達もヘビーローテーションで着用しています。
今回のものも、もちろん1点ものです。詳しくは、このブログからリンクできる小月のショップにてご覧頂ければと思います。
これ以外にも、3連ト音記号ネックレスも追加しております。絶妙なバランスでぶら下がる3つのト音記号は、もちろん1点もの。
ご興味があれば、ぜひご覧頂ければ幸いです。        D


ラベンダーアメシスト石の実ネックレス。

「雪の穴。」

今日は久しぶりに、庭のお仕事に伺いました。
バラの管理などをご依頼して下さっている方で、ちょうどこの時期は色々とバラに対する作業があるのですが、運悪くバラのオーナーさんがインフルエンザに罹ってしまい、作業がお預け状態になってしまっていました。
そのお庭に伺い早速、強風の為に乱れてしまった、すでに誘引済のバラの手直しをし、その後移植予定のバラの為に「穴」を掘りました。


サマースノーの穴1

この穴を新しい住まいにするバラは、つるサマースノーという品種です。
サマースノーは、枝がしなやかで、なおかつトゲが少なく扱いやすいバラです。
穴を掘り始めると、比較的浅い位置から「床」に当り、スコップから山起こし(つるはしの事)に持ち替え、礫を砕いて掘り進めました。山起こしの扱いには、慣れたものでしたので、無事5~60cm位の深さの穴が出来ました。


サマースノーの穴2

表層10数cmは、土の仕込み方を説明させて頂き、実践して頂いておりましたので、よく肥えていましたが、想像していた以上に浅い部分から床に当たってしまったので、簡単な土壌改良の必要が出てきてしまいました。礫を取り除き、それにより減ってしまった土を補充し、最適な配合で腐葉土や堆肥を混ぜるのです。手間は掛かりますが、その分、1から最適な土を、鉢植えの様に作る事が出来ますので、その後の成長にきたす影響は大きいものになります。

バラの移植としては、2月中旬がぎりぎり間に合う最後の時期となりますので、できるだけ早く移植したいものです。
今日は穴を掘るのと同時に、サマースノーの移植用の剪定も行いました。移植の際は、地上部と根のバランスが重要となりますので、残念ではありますが、長く伸びたベイサルシュートも最適な長さまで切り戻さなくてはなりません。ですので、今年の花数がぐんと減ってしまいますが、とりあえず我慢致しましょう。
明日、市街地まで出掛ける用事があり、そのついでに必要な資材を揃える事が出来ますので、次にお伺いした際には、サマースノーを移植できそうです。        D
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。